痛快なりゆきローカルメディア

ジンバル使って動画撮影:MOZA Mini-P 3軸ジンバルスタビライザー

 







この記事を書いている人 - WRITER -
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

動画撮ってみようかと、ジンバル(手振れ防止装置)を探していて良さそうなのがあったので紹介してみる。

MOZAとかいう聞きなれない中国の新興企業で、主にジンバルを販売しているようだ。

MOZA NANO SE(スマホ用)

MOZAからスマホ用ジンバルは複数種類発売されていて、1軸補正の製品となっている。

1軸って効果あるのか不明だけど、5千円代で購入できるお試し版といったところか。

自撮りとかYouTuberとか、筆者からすればフワちゃんみたいな理解不能な人種が使用するのだろう。

MOZA AirCross 2 Professional

フルサイズカメラでの使用を想定しているので重量に耐えられる、高性能ジンバル。

スマホやコンパクトデジカメにも対応して多彩な機能を搭載しているため、これさえあれば他はいらないというレベルらしい。。。

3000mAhのバッテリーを搭載していて、最大12時間使用可能となる。さらにUSBでスマホやカメラへの給電も可能だという・・・使うかなぁ。

価格もそれなりで4万円以上となる。

MOZA Mini-P

今回購入したのがこちらのジンバルで、フルサイズカメラを使うことができ、もちろんスマホやコンデジも使える。ただし、重量は900gまでとなる。

900gまでというのがネックだが、重いレンズを使わなければフルサイズミラーレスで問題なく使うことができる。

例えばα7ⅲに35mm単焦点レンズを付けると800gとかそんなものなので、この2万円代のジンバルで十分ではないだろうか。あるいはもっと軽いボディを使う方が賢明だろう。

それで安いこのジンバルでいいや、という判断に至った。

装着してみる

どのジンバルでも同じだと思うけど、一番最初にカメラを装着してバランスをとる作業が恐ろしいほど面倒だった。1mmどころかそれ以下の微妙なさじ加減で微調整を繰り返し、ちょうどいいポイントを探さなくてはいけない。

一度決まればあとは特に問題ないが、じゃあ次はコンデジ使ってみようなんて簡単には言えなくなる。再調整を考えたら頭が痛くなるのだ。

使用してみる

静止画と違い、ファインダー(EVF)を見ながら撮影というのは難しく、カメラ背部のモニターを見ながらになり・・・これがまた難しい。カメラワークどころではない。

手振れはある程度防止されていて、それに加えてカメラの手振れ防止も使っている。

それでこの性能というのは価格相応というところなのだそうだ。

テスト動画

>銀山温泉 千年廻廊

ではまたー

お焚き上げをネットで頼もう!【想い出整理便】

この記事を書いている人 - WRITER -
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 , 2020 All Rights Reserved.