須川河岸堤プロムナードの桜:ゆったり進む時間の流れに巻き込まれる

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

上山市の有志が集って結成された「須桜会」が昭和30年代に植えた桜が満開になっていた。

基本情報

名称:須川河岸堤プロムナード(すかわかがんていぷろむなーど)
見頃:4月上旬~中旬
規模感:☆☆☆大
料金:無料
駐車場:微妙にあり
トイレ:なし
アクセス:かみのやま温泉駅から車で数分
所在地:山形県上山市

温泉地似の雰囲気

かみのやま温泉が近いせいか、時間がゆっくり流れる温かい独特の雰囲気がある。

駅から向かうと最初に桜が見えるのと同時にカフェがあり、コーヒーを頼みたくなるのだけれど、この立地は絶妙。

堤防そばにある小さなスペースに車をとめ、散策してみると犬と散歩する貴婦人が優雅に歩いて行った。

桜並木はかなり長距離にわたり、須川を挟んだ東宮新橋を渡りながら遠くまで及んだ桜とスカイタワー41がそびえる奇妙な景観を眺められる。

アクセス・駐車場

かみのやま温泉駅から歩いて10分程度なので歩いてみるのもよし。

既述の通り、堤防に駐車場っぽいスペースがあるので停めていいのではないだろうか。知らないので自己責任で。

おわりに

特にこれといって情報がない。

独特の雰囲気の中で、満開で晴れた日に訪れると気分が晴れやかになり、また明日から頑張ろうと思うわけではなく、堕落に近い。仕事をやりたくなくなるだろう。

この雰囲気を写真に収めるのはかなり難易度が高い。

意外とデート向き。

お焚き上げをネットで頼もう!【想い出整理便】

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 , 2021 All Rights Reserved.