レンズレビュー:ソニー単焦点SEL28F20をクロップしてスナップ

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

ソニーのEマウント40mm単焦点レンズをスナップ用に探していて、50mmより何故か40mmに惹かれる不思議さがあるのだけれど、世の中50mmばかりなので40mmの玉数の少なさに嫌な予感がする、金額とか。

35mmは完全に広角で、50mmはどちらかというと少しだけ望遠に感じてしまう。数字だけ見ると中間になる40mmは、感覚的にやや50mm寄りの画角になる。40mmは映像によく使われるのだとか。

いつものアマゾンでいろいろ検索してみると…

SIGMA 40mm F1.4 DG HSM Art

元々シネマレンズとして開発されたというこのレンズは、F1.4の明るさだけに“安定”の12万円超えでございます。Artレンズって凄い描写らしいけど、主にスナップなのでそこまで画質を求めない。

重量が1.2kgって筋肉痛になりそうで、シグマファンじゃなきゃなかなか手が出ない。ずっしりくるレンズの写りはボケ味にずっしり感があり滑らかで美しい、ピント面は凄まじいまでの解像力を誇る。

レビューを見ると外国人がベタ褒めしているようだ。神経質なドイツ人にはウケるのかもね。

VoightLander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

1756年にオーストリアのウィーンに創業した歴史あるフォクトレンダーは、紆余曲折あり、現在は日本のコシナ社が商標権の使用権を許諾し製造販売している。

ライカに憧れるけど高くて買えない人が、クラシカルな写りを楽しむために購入する、みたいなことだろうか。

こちらのレンズは明るいF1.2で、Noktは「夜」の意味なので、F1.5以上に明るいダブルガウス型大口径レンズの名称だそうだ。フォクトレンダーのNOKTON Classicとかいつかは使ってみたいけど、写りがレトロで仕事には使えないような趣味的に偏っているので超個人的なものになりそう。

このレンズもそういう方面だし、作例を見るとボケが少しウズいていてクセが強い。開放はユルくて、絞るとキレキレになる。

ロマンを買うのもありだと思うが、9万円・・・

ZEISS Batis 2/40 CF

ソニーが製造したツァイスレンズがあれば、本レンズのようなカール・ツァイスが製造したツァイスレンズもある。

ツァイスには珍しい部類のAF搭載で、最短撮影距離が短くて24cmというも珍しい。CFとはClose Focusを意味していて、約0.3倍のマクロに迫る撮影倍率を得られる。

官能的なフォルムに加え、有機ELディスプレイがレンズ上部に搭載されてカッコイイ。

極端に明るいわけではないのに14万円を超えて頭が痛くなるこのレンズは、ツァイスらしい描写をする。ハイライトにバリエーションがあり、立体感があってシャドーがヌルンと落ちる具合に、まるで空気をあるいは雰囲気を撮影するようなレンズ。

そりゃ欲しいに決まっているのだが、実売14~15万円なのだ。

SONY SEL28F20

広角28mm単焦点レンズだけどAPS-Cにクロップすれば1.5倍の42mmになり、F2.0の明るさもあるので使えるのではないか、と考えて結局これにした。

28mm単焦点って玉数が少なくて探すと24mmばかり見つかる。24mmだとクロップして36mmなので広すぎる。

本レンズは使ってみると小さくて200gと軽量で、手軽にスナップできそう。

価格は4万円代で、これまでと比べるととても安価で、画質はどうなのかというとコスパに優れていると聞く。

また、この専用のコンバーターレンズを装着するとさらに広角な画角を手に入れられる。

16mmフィッシュアイコンバーター SEL057FEC

21mmウルトラワイドコンバーター SEL075UWC

21ミリのコンバーターを一緒に購入したので、下手クソな作例は後ほど。

28mm F2.0

開放ではさすがに描写は少し甘く、若干の色収差はあるけどスナップレベルならそれほど問題ないかな。

実はまぁまぁ周辺の歪みと減光もあるけど、純正レンズなので自動補正されている。

補正を外すとこんな具合なので、場面を選んで使い分けるとよさそう。

逆光耐性はこんな具合。素晴らしい。

ここから銀山温泉

被写界深度はかなり浅い。シャドウの落ち具合もええ感じ。

クロップ42mm F2.0

楽しみにしていた42mm。発色は主張し過ぎなくていい感じ。

プロファイル補正を解除すると、クロップしてもここまで違う。こっちの方がいいかも。

最短撮影距離はAF29cm(MF25cm)となる。寄れる~

メーターにピント合わせたら深度が狭いのでサビの部分がボケている。

やはりいいなぁ42mm

シャドウのトロンとした沈み方を突き詰めたくなる。

21mm

ワイドコンバーターを使用すると開放はF2.8までとなる。

さすがにちょっと重い。

それほど画質が落ちているとは感じない。実際落ちてるんだろうけど。

F5.6まで絞るとかなりキレを増す。というのがわかりにくい写真だけど、単焦点なり解像感はある。

かなり広角なのでプロファイル補正を解除すると激変する。

21mmと28mmの比較

まずは28mm

21mm これほど違う

おわりに

レンズはいろいろあるけれど、絞れば一緒かな。

お焚き上げをネットで頼もう!【想い出整理便】

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 , 2021 All Rights Reserved.