烏帽子山公園の紅葉:赤すぎるモミジに囲まれ楽園化する

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

桜の名所で有名な烏帽子山公園は、あらゆる紅葉を鑑賞できる名スポットでもあった。

詳細

名称:烏帽子山公園の紅葉(えぼしやまこうえんのこうよう)
例年の見頃:10月下旬~11月中旬
規模感:☆☆ 中
料金:無料
駐車場:あり
アクセス:赤湯駅から車で5分程度
場所:山形県南陽市赤湯1415

桜の名所

桜は有名なのでくわしくはこちら

>>烏帽子山千本桜

紅葉の時期

県内では遅い方、ピークは11月に入ってからになる。2020年は11月中旬だったので、最も遅い部類で「もみじ公園」に並ぶ。

>>もみじ公園

もみじ公園や烏帽子山公園の紅葉が終わると本格的に地獄の冬到来になりそうで、なるべく紅いままでいて欲しいと願うばかり。

紅葉まみれ

駐車場を降りるとすぐ目の前に広がる紅葉に囲まれる。

時間的に昼頃で、それもよかったのかもしれない。

康寿橋

間もなく目に付く康寿橋(こうじゅばし)のモミジは、本来は真っ赤に染まるのにすでに終わっていたようだ。ここだけピンポイントで時期が早い。

橋の上より南側を向いて

下を見たら七味唐辛子ばらまいたみたい

少し移動

モミジにも種類があるようで、少し移動するとモミジの紅い楽園のようになっていた。

赤すぎて目がチカチカする。

モミジってこんなに赤かったかな・・・と目を疑う。

風流・・・

その他

せっかく南陽来たので温泉入ってスペアリブ食べていこう

>>赤湯元湯

>>食楽亭 旭屋

お焚き上げをネットで頼もう!【想い出整理便】

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 , 2020 All Rights Reserved.